So-net無料ブログ作成
検索選択

【高速道路新料金】「地方に冷たく都市部に手厚いは誤解」前原国交相(レスポンス)

前原国交相は1日の閣議後会見で、反発の強い高速道路新料金プランについて「地方に冷たく都市部に手厚いというのは大きな間違い」と、国民や国会議員の間に広がる誤解を指摘した。

「道路整備事業財政特別措置法」を改正して建設される高速道路は東京都練馬区から埼玉県三郷市に至る東京外環道や、名古屋市の外周を通る名古屋環状2号線の建設と、一部の4車線化に限定されている。

これらの路線は利便増進事業として無料化せず「有料で料金をいただくことが前提」(前原氏)だ。限られた道路建設予算の中で、これらの道路を国の直轄事業として建設すれば、「それだけ他の道路建設にしわ寄せがいく」(同)という。

だからこそ、そこで浮いた建設費分を国の直轄事業として「他の地方のミッシングリンク(途切れた路線)などに回せるようになるから、都市部優遇ではない」(同)と説明する。

ちなみに、国の直轄事業として建設された高速道路は無料化が前提だ。有料として残す高速道路は、6月からの無料化社会実験後に決めることになっているわけだが、利便増進事業の東京外環道や名古屋環状2号線は、すでに無料化の対象外ということか。

無料化を掲げて有料を前提に道路を建設して、さらに無料化を検討する施策というのは、簡単には理解しにくい。

《レスポンス 中島みなみ》

【関連記事】
【高速道路新料金】3月には「高額な正規料金に戻る」
辻元国交副大臣辞任
高速道路 新料金 特別編集
国土交通省 特別編集
注目の記事 特別編集

<裁判員裁判>「責任取ってから死んで」裁判員発言 被告「死刑にして」に(毎日新聞)
「選挙区浸透」道半ば 有名&無名候補のタッグ(産経新聞)
郵政法案、衆院通過へ=自民、議長不信任案提出の方針(時事通信)
16歳少年が中学生に自分有利な賭けマージャン参加強要 金脅し取る(産経新聞)
衆院厚労委員長、藤村修氏が辞意(産経新聞)
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。